2011ポストシーズンの結果

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

tex_700_01.jpg

テキサス・レンジャーズ対セントルイス・カージナルス

tex_320_01.jpg2011年のワールドシリーズは、この2チームとなりました。
カージナルスは、レイズの大逆転に隠れてあまり話題にならなかった記憶がありますが、こちらも最終戦の9回に同点に追いつき、そして延長戦勝利で、プレーオフを決めたチーム。
地区シリーズではフィリーズ、そしてリーグチャンピオンシップシリーズでは、ブルワーズと本命の2チームを下した力があります。

上原投手、建山投手の所属するレンジャーズ。
レンジャーズは、2年連続でのリーグチャンピオンになりました。
近年強豪ひしめくアメリカンリーグを2年連続で制したのは、2000年、2001年のヤンキース以来。
それほど2年連続で優勝するということ自体快挙といえます。
さて、レンジャーズのターゲットは、今年こそはワールドシリーズになるでしょう。
昨年は、ヤンキースに勝ってのリーグチャンピオンだったので、ワールドシリーズ前に既に祝福ムードというか、あのヤンキースを倒してくれてありがとう、というような旅行者が空港にいたら、それにニコニコ応える空港のおばちゃんだったりして、まずは、初めてのリーグチャンピオンに浸ったところがあったのかもしれません。
今年は、初のワールドチャンピオンを本気で目指しているでしょう。

コメント

comments

Powered by Facebook Comments